リアレコ

【聖地巡礼】(What's The Story) Morning Glory?のジャケットの「バーウィック通り」に行ってみた

しのぐ

1995年生まれ、関西在住。 ロックンロールが好きすぎてイギリス、アメリカに留学。 初心者、上級者問わずロック好きの皆さんに楽しんでいただける記事を書いています。 ロッケンロー!!!!

【聖地巡礼】(What's The Story) Morning Glory?のジャケットの「バーウィック通り」に行ってみた

しのぐ
リアレコ筆者のリアムです。

 

今回はOasisの超名盤、(What's the Story) Morning Glory?のジャケット写真のあそこに行った思い出について記事にしました。

(What's The Story) Morning Gloryのあそこはどこ?

『(What's The Story) Morning Glory?』のジャケットで使われている道はイギリス、ロンドン・ソーホー地区の「バーウィック通り」にあります。

 

ロンドンの中でもイカしたレコードショップが集まる場所です。

 

34 Berwick Street, London, UK

遡ること6年前、僕はハローオンザヒルという郊外に住んでいました。

 

Oasisもコンサートでよく使ったり、映画Bohemian Rhapsodyの最後のにQueenが出演していた伝説のイベントライブエイドでも使われたWembley Stadiumを通過してロンドンの中心地へ向かいました。


 

(What's The Story) Morning Glory?の聖地に到着

オックスフォードサーカスという大きな駅を降りて、歩くこと10分くらい。

 

 

何となくそれっぽい雰囲気の道になってきました。

 

そして迷うことさらに10分くらい。

 

 

ここじゃね!?

 

スマホに入っているアルバムジャケットと比べてみると・・・

 

確かにここだ!

 

 

とりあえず記念にパシャリ!

 

6年前のスマホでなので、低画質ですいません。

 

嬉しすぎて地面を舐めたくなりましたが我慢しました。

 

近くを探索してみるとやっぱりイカしたレコードショップがありました。

 

(What's The Story) Morning Glory?のアルバムに親切に「You Are Here!!!」と書いてくれております。

 

 

お店の中もこんな感じでいい感じでした。

 

 

ちなみに(What's The Story) Morning Glory?のジャケットの場所でバッチリ記念撮影をする人がいる件についてノエルギャラガーは

 

「みんな、アビー・ロードでやるのと同じことをやるってえのか、そりゃスゲーな。どうしようもねえ(アルバム)カヴァーだけど、まあいいさ。日本人がラッシュ・アワーに、タクシーよけながらあの道を歩くのか。ブルー・プラーク(過去の著名人が住んでいた、または活動していた場所にはめ込まれる青いプレートのこと)でもつけてもらいたいよ」

 

と発言しているそうです。

 

しのぐ
ノエルが言うように日本人の僕はまんまと記念撮影しちゃいました。

 

イギリスはロックの聖地

6年前の僕が19歳の頃、イギリスを訪れ色んな場所に観光に行ったのですがやっぱりイギリスはロックの聖地でした。

 

この他にもジミヘンの住んでいた家に行ったり、ベタですがアビーロードに行ったり、ジミーペイジが住んでいると言われるタワーハウスに行ったり、デヴィッド・ボウイの『ジギー・スターダスト』のジャケットの場所に行ったりと・・・

 

ただ非常に残念なことに、写真がほとんど残っていません。

 

なぜないかと言われるとスマホを落としてしまったからです・・・

 

ぼちぼち残っている写真もあるので、また違う記事で聖地を紹介できればと思っています。

 

皆さん思い出の写真は無くさないように気をつけてくださいね

 

それでは!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しのぐ

1995年生まれ、関西在住。 ロックンロールが好きすぎてイギリス、アメリカに留学。 初心者、上級者問わずロック好きの皆さんに楽しんでいただける記事を書いています。 ロッケンロー!!!!

-リアレコ